us古着の魅力 その3

 

us古着の魅力 その3

 

 

 

 前回に引き続き古着の魅力を語らせていただきます。

何故こんなにus古着が魅力的で支持されるのか。

やはり以前も話しましたが現在にないデザインでしたり雰囲気ですね。

最近のファストファッションが数十年後に価値がでて値段が高騰するとは考え難いです。

ここからは自論にはなってしまうのですが、そのブランドがなくなってしまったりしていたら高騰したりするかもしれませんが数十年後に古着の仲間入りして付加価値が付くとは思いません。

不思議ですよね~

 

 

 

古着の付加価値

 

 

 

今あるus古着は誰かが一般的な市場価格を設定して古着の平均価格ができあがり時代により高騰したり下がったりすると云う不思議なジャンルですよね。

基本は年々出回らなくなれば高くなっていくんでしょうけれどもね。

後はアメリカでも価格が高騰していれば必然的に仕入れ値が上がるので高くはなりますよね。

最近では本国アメリカより東南アジア方面が古着が流行っているみたいでタイ人やベトナム人が日本で古着を買い母国などで更に高い値段で取引さけているみたいです。

やはり流行り廃りで金額の高騰があったりするのでそこが面白いと云うものありますよね~

付加価値+流行り価値みたいな感じで、今でいうと90年代のnikeやhardrockcafeのアイテムですね。

うちのスタイルではないので扱いませんが儲けなどを考えるなら取り扱ったほうがいんでしょうね。(笑)

 

 

 

 

古着の中にもジャンルがある

 

 

古着好きの方やショップによっても古着の様々なジャンルがある。

例えばミリタリーが好きな方や横乗り系(オールドスケートやオールドサーフ)に強いお店がありますよね。

大きな店などはオールジャンル取り揃えたりしていますよね。自分は好きなジャンルに少し偏りがあるので不得意なジャンルはあまり詳しくないので扱いづらくて。。。(笑)

商売をやっていくにあたってはそんなこと言ってられないのでしょうけどね~

 

 

 

 

 

 

 

関連情報

us古着・ヴィンテージ| EmiGeneralStore

us古着・New&Used| EmiGeneralStore

湘南から全国にus古着を。カリフォルニアから直接買付け、自分の目で1点1点厳選した古着、ヴィンテージ、インポートアイテムなど
日本ではなかなか手に入らないアイテムなどを中心に取り揃えております。それとほんの少しだけ環境に取り組んでおり
好みのアイテムが見つかり、Emi=笑み 見ているだけで楽しくなるような
GeneralStore=何でも屋 をコンセプトにしております。
ごゆっくりとご覧くださいませ。

屋号 Emi General Store
住所 〒251-0037
神奈川県藤沢市鵠沼海岸2-5-15
電話番号 080-3318-6400
営業時間 10:00~18:00
定休日:不定休
代表者名 小澤 壮司 (オザワ ソウシ)
E-mail info@emigeneralstore.com

コメントは受け付けていません。

us古着・New&Used| EmiGeneralStore 湘南から全国にus古着を。us古着を中心にヴィンテージ、レギュラー、インポートなどオールジャンルのアイテムを取り揃える「何でも屋」EmiGeneralStoreの公式ホームページです。「Emi = 笑」になれる、お気に入りをみつけてください。

〒251-0037
神奈川県藤沢市鵠沼海岸2-5-15

080-3318-6400

10:00~18:00
定休日:不定休