us古着の着こなし方 その3

シャツなどの着こなし方。

 

 

 

今回はシャツなどの着こなし方について少し話させてもらおうかと思います。

シャツといっても色々ありますよね、チェック・無地・ストライプなど素材などでもスタイルがガラッと、

変わりますよね。

自分はモード系やキレイ系のスタイルではないのでここではその手の着こなし方は話しません。(笑)

最近の流行りだとビッグシルエットやオーバーサイズでの着こなし方が多いのでなんとも言えませんが、

個人的にはジャストサイズまたはちょっとゆったりくらいまでが限度です。

古着でいいシャツとか見つけてもなかなかいいサイズじゃない事が結構あるんではないでしょうか?

すごく悔しいですよね~

ですから自分サイズがあったら即買いですね!

シャツによってもボックスタイプや(ワークシャツなどの裾が一直線に揃っているやつ)、

普通の前と後ろが長くなってるタイプなどありますよね。

ここでは普通のシャツタイプで話させてもらいます。

 

 

 

アメリカ古着は大きいサイズばかり?

 

 

 

 

アメリカ古着だとどうしても大きいサイズばかりですよね。(笑)

袖はあっても丈が長いとか、幅がありすぎるとか。。。

袖丈、着丈、身幅、すべて自分サイズというのを探すのは本当に困難だと思う。

どこを妥協するかですね。袖丈か、着丈か、自分的にはサイズ感で一番着丈が大事。

そこでカッコよく見えるか決まると思う。

次に身幅、袖丈の順。

身幅もゆったりしすぎると少し太って見えたり小さく見えてしまうからです。

袖丈はあまりにも長いのであれば無造作に巻くって着ればどうにか様になるはず。

 

 

 

 

コットンシャツなどサイズが大事。

 

 

 

シャツに限らずですが着丈は本当に着こなしに関して大事だと思う。

そこが出来てこそ応用みたいな感じで少し崩した着こなしなどできてくると思う。

カッコよく見えるシルエットってあるじゃないですか、

そこって本当に大事でそこをしっかり自分でわかっていないと上手に着こなせないと思う。

でもそこが一番難しいんですけどね~(笑)

着丈・身幅を意識してみましょう!

 

 

 

 

 

関連情報

us古着・ヴィンテージ| EmiGeneralStore

us古着・New&Used| EmiGeneralStore

湘南から全国にus古着を。カリフォルニアから直接買付け、自分の目で1点1点厳選した古着、ヴィンテージ、インポート、オリジナル商品など取り扱っていて
日本ではなかなか手に入らないアイテムや、80~90年代の物などをメインに取り揃え、見ているだけでEmi=笑み がこぼれ楽しくなるような
GeneralStore=何でも屋 をコンセプトにしております。
ごゆっくりとご覧くださいませ。

屋号 Emi General Store
住所 〒251-0037
神奈川県藤沢市鵠沼海岸2-5-15
電話番号 080-3318-6400
営業時間 10:00~18:00
定休日:不定休
代表者名 小澤 壮司 (オザワ ソウシ)
E-mail info@emigeneralstore.com

コメントは受け付けていません。

us古着・New&Used| EmiGeneralStore 湘南から全国にus古着を。us古着を中心にヴィンテージ、レギュラー、インポートなどオールジャンルのアイテムを取り揃える「何でも屋」EmiGeneralStoreの公式ホームページです。「Emi = 笑」になれる、お気に入りをみつけてください。

〒251-0037
神奈川県藤沢市鵠沼海岸2-5-15

080-3318-6400

10:00~18:00
定休日:不定休